演劇!桜高校

2008.1.10-14 シアターVアカサカ

演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真 演劇!桜高校写真

なんと、eyesの子供たちが、プロのお芝居に参加しました。
俳優の石山雄大さん率いるオールアクトカンパニー「演劇!桜高校」。
しかも、今回はダンサーとしてではなく、子役として・・お芝居を求められます。

参加したのは、大宮校より、堤有聖くん、堤茜寧ちゃん、石関菜月ちゃん、横溝あみちゃん
横浜校より、伊藤杏佳ちゃん、新倉瑚菜都ちゃん、東京校より、堅田拓巳くんの計7名。

この7名で、舞台に登場する女の子2役と男の子1役を交代で演じました。
(本番は5日間、7ステージ。欠員を出すこと無く立派にこなしました。)

演出家による厳しい(?)演技指導の下、また学校生活との両立をしながら、台詞を覚え立ち回りを覚え、そして挨拶に気をつけて・・いろんなことを詰め込みながらお稽古に通いました。本当に大変だったと思います。

本番を迎える頃には、カンパニーの皆さんにも暖かく迎えられ、仲良くなり
楽しい舞台役者生活を送れたみたいです。
明らかに非日常な世界の体験でしたが・・環境に溺れること無く、必死に努力して頑張った先の充実感も味わえた5日間だったのではないでしょうか、

最後になりますが、この度の舞台の稽古、本番においては、送り迎えやスケジュールの調整など、保護者の皆様の多大なるご協力なくしては実現できませんでした。改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。